見た目は古いが…

家はとても大きな買い物です。
終の棲家という言葉があるくらい、一生をそこで暮らしたいと考える人も少なくありません。
一生過ごす空間だから、自分の好みにしたいと家を建てるときに、色々拘ります。
ただ、長い間住んでいると、使いづらいところが出てきたり、古くなったりします。
また新しく家を建てる?
それはとても大変なことです。コストもかかりますし。
その度に買い換えたり立て直したりするのは、現実的に考えても不可能に近いです。
しかし、その問題は、リノベーションをすることによって解消されます。
例えば、暗くて閉鎖的だったキッチンの壁を壊し、リビングとつなげて対面式キッチンにして、明るく広々なキッチンにしたり。
6畳と4畳半の和室を壁を壊しつなげて、床をフローリングにしてリビングとつなげて、広々としたリビングにしたり。
バリアフリーにして、壁に手すりを設けたり、自動昇降機能のついているトイレにしたり。
室内で飼うペットの為に、フローリングをペットが足を痛めにくい素材に変えたり。
子どもが自立して使う人のいなくなった子ども部屋を客間にしたり。
など、時代や使う世代に合わせて大幅にリノベーションすることで、より居心地の良い空間になること間違いなしです。
土台から何から壊して新しく建てるわけではないので、コストも新築よりも抑えることが出来ますし、気に入っている、使いやすいところはそのまま使えます。
引っ越す必要もないので、子どもの学校や会社への通勤に差し支えることもありません。